競馬コラム

朝日杯フューチュリティSもダイワメジャー産駒のペールエールに注目

投稿日:

朝日杯FSは、阪神競馬場で開催されるようになって今年で6回目です。
先週の阪神JFでは、過去データで挙げた7頭で決まったので、全て買えば的中しましたが、さすがに絞る必要があり、馬券の買い方が難しいレースでした。
今週も過去のデータで勝負して、うまく高配当をゲットしたいです。

朝日杯FS、過去5年のデータ

過去5年で馬券になった15頭の前走は、重賞を使った馬が11頭、OPが1頭、500万が2頭、新馬が1頭となっています。
OP以下はすべて芝のマイル以上の距離です。

前走が重賞
重賞を使って馬券になった11頭の前走成績は(6,2,1,2)で、すべて7着以内でした。
これに該当するのは、サリオス、タイセイビジョン、レッドベルジュール、ペールエール、ウイングレイテスト、ビアンフェ、トリプルエースの7頭です。
前走重賞で3着以内なら、朝日杯FSで馬券になる確率は約82%なので、ここから軸を選びたいです。

前走がオープン以下
オープン以下を使って馬券になった4頭は、すべての馬が勝利を収めていました。
今年はこれに該当する馬が1頭もいません。

買い目
過去5年のデータを当てはめると、上記の7頭で馬券が決まることになり、1頭ずつ見ていきます。

連対する確率が高い注目馬4頭

サリオス

サリオス
サウジアラビアRCをレコードで勝ちして、1番人気濃厚です。
少なくとも、先週の阪神JFでのクラヴァシュドールよりは前でゴールできるので、普通に走れば勝てるでしょう。
朝日杯FSもスローではなく、ある程度の流れになるので、リアアメリアと違って速い時計があるのも安心です。

タイセイビジョン

タイセイビジョン
父タートルボウルはフランスのG1を勝ったマイラー、兄のノストラダムスも毎日杯4着など、芝2000m前後を走っているので距離は持ちそうです。
京王杯2歳Sの勝ち馬は、タワーオブロンドンが3着、モンドキャンノが2着だったので、勝ち切るのはどうでしょうか。
母父スペシャルウィークは、15年1着リオンディーズ、14年3着クラリティスカイと同じです。

レッドベルジュール

レッドベルジュール
昨年は、デイリー杯2歳Sを勝ったアドマイヤマーズが朝日杯FSも制しました。
レッドベルジュールの全姉はレッドベルディエス、レッドベルローズなど重賞でワンパンチ足りない印象でしたが、デイリー杯2歳Sでは末脚が炸裂しました。
14年に勝ったダノンプラチナの同じ、父ディープインパクト×母父アンブライドルズソングの血統で、ともにボールドルーラーの血があります。
前走は4ヶ月半ぶりで馬体重が+28kg、成長著しい早熟タイプです。

ペールエール

ペールエール
昨年の勝ち馬アドマイヤマーズ、先週の阪神JFを勝ったレシステンシアと同じダイワメジャー産駒です。
前走のデイリー杯2歳Sは内が良かった印象があり、外を回ったことで3着でしたが、馬場のよいところを走ればもっとやれそうです。
前に行けて、ある程度の脚も使えるので、直線先頭に立って押し切ることも考えられます。

押さえ評価の3頭

ビアンフェ

ビアンフェ
京王杯2歳Sは、勝った馬しか朝日杯FSで馬券になっていません。
半姉のブランボヌールが同じく函館2歳Sを勝ち、阪神JFでは3着だったので、3着までの評価です。

ウイングレイテスト

ウイングレイテスト
デイリー杯2歳Sでは、レッドベルジュールといっしょに追い込んで2着ですが、切れ負けした印象です。
兄が京都新聞杯や若葉Sを勝ったベストメンバーなので、マイルは短く2000m前後あった方がよいのかも知れません。
昨年2着のクリノガウディーと同じスクリーンヒーロー産駒です。

トリプルエース

トリプルエース
父シャマルダルは、先日の京阪杯を勝ったライトオンキューと同じです。
この馬も小倉2歳Sで2着したのを見ると、マイルは少し長い気がします。
14年にアルマワイオリがデイリー杯4着から連対しており、ビュイック騎手に乗り替わることを考えると押さえ評価です。

データに該当しない穴馬

ジュンライトボルト

ジュンライトボルト
ベゴニア賞2着でしたが不良だったことを考慮すればノーカウントとしてもよさそうです。
16年にサトノアレス、14年にダノンプラチナが、ベゴニア賞から朝日杯FSを連勝している縁起のよいローテーションです。
兄グルーヴィットも今夏、マイルの中京記念を勝っています。

タガノビューティー

タガノビューティー
前走で圧勝したプラタナス賞は、2歳ダートの一流馬への登竜門的なレースです。
全日本2歳優駿に出れば勝てそうですが、除外対象なので、こちらを登録したのでしょう。
芝の経験がない馬では、中山開催でしたがアジアエクスプレスが朝日杯FSを制しています。
タガノビューティーの兄がNHKマイルC2着のタガノブルグなので、資金に余裕があれば押えてもよさそうです。

ラウダシオン

ラウダシオン
芝1400mのもみじSを勝っての参戦です。強調材料はルメール騎手ということだけです。
父リアルインパクト、兄アンブロジオもマイルより短いところでよい印象です。

朝日杯FSのまとめ

馬券の軸はサリオスでよさそうです。速い時計もあり、先週、圧倒的1番人気で負けたリアアメリアとは違います。
相手にタイセイビジョンとレッドベルジュールでは配当の妙味がないので、デイリー杯2歳S3着で人気を落としそうなペールエールが注目です。
3連馬券は、サリオスとペールエールの2頭軸で流したいです。

朝日杯フューチュリティSはクラシックに繋がらないレースですが、その後にマイルやスプリンターとして活躍する馬が多数出ています。
昨年の朝日杯FSを勝ったアドマイヤマーズが、NHKマイルC、さらに先週の香港マイルも勝ちました。
2年前はダノンプレミアムが勝ち、2着ステルヴィオはマイルCS、3着タワーオブロンドンはスプリンターズSを制しているなど、今後の短距離路線、マイル路線を占う注目のレースです。

編集者のお勧め競馬予想サイト

※コラム作成者と編集者は別の人物になります。

いかがでしたでしょうか。今回は12月15日に行われる朝日杯フューチュリティSで注目したい馬の情報でした。
15日レースが待ち遠しいですね!!

万馬券総合研究所

さて今回編集者がおすすめしたい競馬サイトは万馬券総合研究所になります。
この万馬券総合研究所は「他には絶対真似できない馬券術をご提供させて頂きます!!」という触れ込みからも伝わると思いますが、独自の馬券術に特化した競馬予想サイトだと感じられます。
無料情報もあるのでまずは登録してから無料情報を受け取り判断する事をお勧めします。登録は簡単な3つのステップで完了できるので迷う事も無いでしょう。

万馬券総合研究所の無料登録はこちらから

また、万馬券総合研究所では直近の的中実績も公開しており制度の高さについては一目瞭然でしょう。
無料プランで確信を持った方は有料プランもおすすめです。以下の4つのプランから自分に合った最適なプランを選ぶことが可能です。

  • レギュラーリサーチ
  • プロフェッショナルリサーチ
  • エグゼクティブリサーチ
  • ファイナルリサーチ

以上の4つから最適なものを選ぶことが可能です。今週日曜日に京都で行われるマイルCS(マイルチャンピオンシップ)だけでなく16日土曜日の秋陽JSについても情報があるようなので要チェックです。
「情報だけでは馬券を取る事はできない!!」とまで豪語する万馬券総合研究所は非常に期待出来る競馬予想サイトだと思います。
興味のある方は下のリンクから公式サイトをご覧ください。

万馬券総合研究所の公式サイトはこちらから

-競馬コラム
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 競馬予想サイトの口コミ評判レビュー | 競馬大国 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.