競馬コラム

2019浦和開催のJBC競走のポイントと馬券の買い方

更新日:

今年のJBC競走は、初めて浦和競馬場で開催されます。JBC競走は1日に3つのレースが行われる地方競馬の祭典です。
3競走とも荒れることは考えにくいので、収支をプラスにするには馬券の買い方が重要です。

JBCレディスクラシック

第9回目で毎年舞台が異なり、今年は距離が最も短い1400mで行われます。
過去のデータはあまり参考にできませんが、ある程度は前に行けなければ話しになりません。

ファッショニスタ

ファッショニスタ
去年のレディスクラシック(京都1800m)で3着、スタミナもあります。
1400mも得意で、先行できるスピードもあり最有力です。
1番人気になりそうですが、軸として最適です。

ゴールドクイーン

ゴールドクイーン
かきつばた記念(名古屋)では、ヤマニンアンプリメを圧倒しました。
マイルのスパーキングレディーは惨敗しましたが、1400mなら逃げ切り勝ちする可能性もあります。

ヤマニンアンプリメ

ヤマニンアンプリメ
最近の勝鞍は1200mのみで、1400mは少し長い印象です。
前走、同じ舞台のオーバルスプリントでも、後ろから行って3着に完敗しました。
連下の評価でしょう。

レッツゴードンキ

レッツゴードンキ
前走スプリンターズSでは5着に善戦しました。
2016年のレディスクラシックも同じローテで2着しています。
7歳ですが、まだまだやれそうです。

モンペルデュ

モンペルデュ
3歳の上がり馬ですが、初重賞、斤量増、距離延長など、経験不足で厳しそうです。

地方馬

マリーンC勝ちのラーゴブルー、しらさぎ賞勝ちのタイセイラナキラ、TCK女王杯勝ちのミッシングリンクがいますが、どの馬も最近は調子が悪いです。
それなら、サラーブを狙ってみたいです。転厩初戦のレディスプレリュードは5着でしたが、上積みが見込めます。
シャケトラの妹なので距離が短い印象ですが、ルーラーシップ産駒なのでミスプロの血が強調されて、距離短縮がよいほうに出るかも知れません。
人気もなさそうなので、穴で一考してみてはいかがでしょうか。

JBCスプリント

今年はどの馬が勝つかよりも、コパノキッキングの藤田菜七子騎手が初GⅠ制覇できるかが最大の焦点です。
JBCスプリントもJBCレディスクラシックと同様に、ある程度は前に行くことがカギになります。

コパノキッキング

コパノキッキング
藤田菜七子騎手ということもあり、1番人気になりそうです。
前走の東京盃は逃げて圧勝、浦和なので今回も前に行きそうですが、ノブワイルドがいるのでどうでしょうか。
1400mは根岸Sを勝っていますが、距離がもつのかは不安が残ります。

ミスターメロディ

ミスターメロディ
ダートも走る血統で、1400mも問題なさそうです。スプリンターズS4着で復調したと言ってよいでしょう。
スプリンターズSからの参戦では、ドリームバレンチノが2着、ダッシャーゴーゴーが3着しており、有力の1頭です。

ファンタジスト

ファンタジスト
そこそこ人気になりそうですが、初めてのダート戦がG1では厳しいです。
また、ダートを走るとは思えない血統で、馬券の妙味もありません。

その他のJRA馬

その他のJRA馬
サクセスエナジーは、冬から春にかけてしか走らない印象なので、押さえ程度でよさそうです。
ノボバカラは7歳、また使い詰めなので厳しいでしょう。

地方馬

ノブワイルド

ノブワイルド
去年と同様にオーバルスプリントを勝っての参戦です。
7歳ですがさらに強くなっている印象で、逃げ切り勝ちも十分に考えられ、コパノキッキングとの逃げ争い次第でしょう。
若い方は知らないかも知れませんが、オーナーがTUBEの前田亘輝氏です。
夏と言えばTUBEのとおりで、この馬も夏に良績が集中しているのが面白いです。

ブルドッグボス

ブルドッグボス
この馬も7歳ですが、前走の東京盃で復調した感じです。
サクセスエナジーにも先着しており、押さえる必要がありそうです。

JBCクラシック

帝王賞1着オメガパフューム、2着チュウワウィザードの一騎打ちになりそうです。
JBCクラシックが行われる浦和2000mは、ケイティブレイブ、スマートファルコン、ヴァーミリアン、ホクトベガなどが浦和記念を勝っており、強ければ問題ないでしょう。

オメガパフューム

オメガパフューム
東京大賞典、帝王賞を勝っており、2000mはベストです。
どちらのレースも追い込み勝ちだったので、直線の短い浦和では取りこぼす可能性があります。
また、左まわりで連対したことがないのも、少し不安です。
1番人気が予想されますが、馬券は2着付けで買うのが面白いかも知れません。

チュウワウィザード
先行できるのが強みで、左まわりの東海Sやダイオライト記念で連対しているのも好材料です。
オメガパフュームと同じ4歳ですが、こちらは伸びしろがありそうです。
血統面ではルヴァンスレーヴが従兄弟というのも心強いです。

その他のJRA馬

その他のJRA馬
アンデスクイーンは本格化した印象ですが、一線級の牡馬との対戦が初めてです。
ロードゴラッソはシリウスSを勝ちましたが、盛岡のマーキュリーカップは完敗だったので、地方の馬場は合わない可能性があります。
アンデスクイーンとロードゴラッソは3着候補ですが、クインズサターンは2000mの実績がまったくないので、見送る手でしょう。

地方馬

ノンコノユメ

ノンコノユメ
過去5年、前走で日本テレビ盃3着以内の馬が連対しています。
ノンコノユメは、この後にマイルグランプリも使ったので、とても厳しいローテーションになってしまいました。
また、後ろすぎると届かないことも十分にあり、念のために押さえる程度でよさそうです。

ワークアンドラブ

ワークアンドラブ
前走のマイルグランプリを逃げて楽勝、今回も楽に逃げられれば、そこそこやれそうです。
ただ、使い詰めで前走がピークだったとも言えます。

馬券の買い方

JBCレディスクラシックは、ファッショニスタを軸にして、穴でサラーブを狙ってみたいです。
JBCスプリントは、過剰人気になる藤田菜七子騎手のコパノキッキングを3着、または外すのも手です。
JBCクラシックは、オメガパフュームとチュウワウィザードの2頭軸で、点数を絞る必要があります。
浦和といえばトロットサンダーを思い出します。90年代、中央に転厩してマイルCS、安田記念を勝った馬です。
浦和のような地方競馬から、再びG1馬が出るのを見てみたいものです。

編集者のお勧め競馬予想サイト

※コラム作成者と編集者は別の人物になります。

今回の編集者おすすめ競馬サイトは3本立てでお送りします!

編集者がおすすめしたい競馬サイト1つ目はオアシスになります。

続いて

編集者がおすすめしたい競馬サイト2つ目は匠の万馬券になります。

最後に

編集者がおすすめしたい競馬サイト3つ目は必勝!的中タイムズになります。

今回は特別に3つ紹介しました。無料で情報を手に入れられる無料登録がありますので是非無料登録をしてみてはいかがでしょうか?

-競馬コラム
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 競馬予想サイトの口コミ評判レビュー | 競馬大国 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.