競馬コラム

天皇賞(秋)3強では決まらない!3連単は1頭消して高配当を狙う

投稿日:

天皇賞(秋)はこの後、路線の異なるジャパンCとマイルCSに向かう馬たちが一緒に出走するので、いわば中距離No.1決定戦です。
今年はレベルが高く、中でもアーモンドアイ、サートゥルナーリア、ダノンプレミアムの3強、三つ巴戦になりそうですが一体どうなるのでしょうか!

今年は毎日王冠を軽視

過去10年、毎日王冠からは30頭中12頭が馬券になっており、天皇賞(秋)の前哨戦と言えます。ですが、今年は勝ったダノンキングリーが出走せず、メンバーが弱いので押さえ程度の評価でよいでしょう。

アエロリット

アエロリット
天皇賞は、この馬の逃げるペースがカギとなりますが、スローになることはなさそうです。
アエロリットは、2000m以上のレースは秋華賞の7着のみなので、距離延長は割引きが必要です。
クロフネ産駒は短距離は強いですが、中距離での重賞勝ちがないのも不安です。

ケイアイノーテック

ケイアイノーテック
安田記念はそこそこの競馬をしましたが、毎日王冠は前に行って惨敗しました。
母ケイアイガーベラはダート短距離で活躍したので、さらなる距離延長はいっそう厳しいです。

ランフォザローゼス

ランフォザローゼス
強調材料は、祖母がこのレースに買ったエアグルーヴということくらいです。
ランフォザローゼスも東京では走りますが、ここでは力不足の印象です。

オールカマーと京都大賞典

この2つのレースも、以前は天皇賞(秋)への重要なステップレースでしたが、最近は凱旋門賞への出走も増え、廃れてしまった感じがあります。

ウインブライト

ウインブライト
ご存知のとおりの中山巧者で、東京で走るイメージがまったく浮かびません。
前走オールカマーも惨敗して、変わり身もなさそうです。

スティッフェリオ

スティッフェリオ
オーカマーのように、自分のペースで逃げられれば粘れる馬ですが、アエロリットなどのマイル実績がある馬がいるので行けないでしょう。
この馬も、東京で走るイメージはありません。

3歳馬は勝てない

過去10年、3歳馬はイスラボニータとフェノーメノの2頭が、前走セントライト記念から馬券になっています。
過去30年に遡っても、3歳で勝ったのはシンボリクリスエスのみで、この年は東京でなく中山開催でした。

サートゥルナーリア

サートゥルナーリア
母シーザリオ、兄エピファネイアも、東京のGⅠを勝っており、血統的には問題なさそうです。
母父のスペシャルウィークも天皇賞(秋)を勝っています。
ただ、3強の内、どれか1頭を消さなければ、馬券の妙味はありません。
初の古馬との対戦、騎手変更など、不安が残るこの馬を消すのも一考です。

札幌記念は連対が必要

ワグネリアン

ワグネリアン
古馬になってから成長している感じがなく、札幌記念もいいところがありませんでした。
過去10年、札幌記念からは4頭が馬券になっていますが、すべての馬が連対していました。
ワグネリアンは4着だったので苦戦必至ですが、ダービー、東スポ杯を勝った東京なので、変わり身に期待したいです。

前走、宝塚記念は相性がよい

最近は、宝塚記念からの休み明けで天皇賞に出走することも多く、過去10年で8頭が馬券になっています。
休み明けでも、順調に調教をこなしていれば問題はなさそうです。
キタサンブラック、ジェンティルドンナは9着から連対しています。

スワーヴリチャード

スワーヴリチャード
3強に割って入りそうなのは、この馬が1番手でしょう。
苦手とされる右まわりの宝塚記念でも3着に入りました。
昨年は1番人気で10着に敗れましたが、左まわりの芝2000mは最適なコースです。

アルアイン

アルアイン
芝2000mのGⅠである皐月賞と大阪杯のを勝ちましたが、ワンパンチ足りない感じがあります。
4着だった昨年よりも強くなっている印象はないので、掲示板くらいでしょうか。

マカヒキ

マカヒキ
3年前にダービーを勝った後、GⅠでは7回走って4着が最高です。
6歳なので、天皇賞では厳しいでしょう。

安田記念からも連対している

前走が安田記念では、休みが長すぎる印象がありますが、過去10年でリアルスティールが11着から2着に巻き返しています。
よって、宝塚記念と同様に、体調が万全であれば問題なさそうです。

アーモンドアイ

アーモンドアイ
安田記念は3着でしたが、スタートで大きな不利がありました。
ルメール騎手がサートゥルナーリアではなく、こちらを選んだようで、1番人気濃厚ですが外すことはできません。
天皇賞(秋)は、4歳と5歳が群を抜いて強いレースです。

ダノンプレミアム

ダノンプレミアム
安田記念では、アーモンドアイと同様に致命的な不利があったので、ノーカウントでよいでしょう。
同じ馬主のダノンキングリーが出走しないのは、ダノンプレミアムの方が勝てる確立が高いということでしょう。
ディープインパクトが亡くなった今、後継者として最適なのは、この馬くらいしかいないので、勝って欲しいものです。

天皇賞(秋)のまとめ

過去10年の3着以内では、すべての馬が前走GⅠまたはGⅡで、GⅢ以下は1頭もいません。
今年は3強になりそうですが、1~3着まで3強で決まることは、ほとんどありません。
記憶に新しいところでは、ダービーは伏兵のロジャーバローズが勝ち、3強で馬券になったのは2頭でした。
3連馬券を買うなら、1頭は3強以外の馬を買って、高配当を狙うとよいでしょう。
あとは、スタート地点がカーブのため、多頭数になると外枠の馬は割引きが必要です。

編集者のお勧め競馬予想サイト

※コラム作成者と編集者は別の人物になります。

今回はコラムは天皇賞で注目となる馬について紹介しました。来週にはレースに向けて多くの方が情報を集めると思います。
大きなレースですので注目度は高いです。この天皇賞を気に競馬を始める方もいるでしょう。
しかし、どんな競馬サイトを利用して良いか分からないという方の為に今週もおすすめの競馬サイトを紹介していきたいと思います。

今回編集者がおすすめしたい競馬サイトは『TAZUNA』になります。

編集者おすすめ『TAZUNA』

『TAZUNA』はお客様第一の競馬サイトで下記の頭文字を取って『TAZUNA』と名付けられています。

Trust  (お客様の信頼を第一に考える)
Act (行動することで情報を生む)
Zeal (熱意を込めた対応を心がける)
Up (常に上を目指して追求する)
Never (今までにない価値観で探求する)
Accture (より正確な情報を提供し続ける)

サイトを利用するお客様の事を考え「無料情報をご覧いただくだけでも構いません。」という記述もあります。
特徴としては非常に親身になってくれるサイトになります。初めて競馬サイトを利用する方や今までの競馬サイトに満足できていないという方にはピッタリでしょう。
また的中率も高く競馬を投資と考え着実に当てていきたいという方にも満足出来るような競馬サイトです。
『TAZUNA』は前回20日に行われた菊花賞でも3連単を当てている事は画像でも分かります。下のリンクから公式サイトを確認出来ます。

安心で確実なレース予想を望む方は『TAZUNA』に登録して無料情報だけでも確認してみてください。
今週のおすすめ競馬サイトでした。

TAZUNAのメインの公式サイトはこちらから

-競馬コラム
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 競馬予想サイトの口コミ評判レビュー | 競馬大国 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.