競馬コラム

菊花賞はスピードも重要!過去データと血統や今年の出走馬を検証

投稿日:

菊花賞は3歳三冠レースの最終戦です。どの馬も3000mを走ったことがないので、予想には距離適正を見極めることが必要です。
スーパークリークやメジロマックイーンの頃から約30年、菊花賞を見てきたイメージや血統などから、今年の有力馬を検証していきます。

神戸新聞杯は3着以内が条件

過去10年、菊花賞で馬券になった30頭中17頭が神戸新聞杯からの参戦です。
神戸新聞杯では、17頭すべてが5着以内、15頭が3着以内なので、ヴェロックを軸にするのが最適です。

ヴェロックス

ヴェロックス
母父のモンズーンは、オークス2着ピュアブリーゼの父、オークス馬ソウルスターリングの母父で、長距離血統です。
このスタミナに、ジャスタウェイのスピードが加わって、菊花賞にも合いそうです。
皐月賞、ダービーを惜敗して、菊花賞で初G1制覇した馬には、ビワハヤヒデ、ナリタトップロード、エピファネイア、サトノダイヤモンドなどがいます。
重賞未勝利なので、菊花賞を勝つかは別として、連対する確立は高そうです。

ワールドプレミア
ワールドエースの弟なので、マイラーの印象がとても強いです。
スピードはありますが、さらに距離が延びるのはマイナスです。
スローペースの神戸新聞杯では、後ろから行って功を奏しましたが、菊花賞は時計も速く厳しそうです。

レッドジェニアル

レッドジェニアル
母父が菊花賞を買ったマンハッタンカフェでよさそうですが、馬券になるのは新聞杯3着以内がほとんどで、1秒差は決定的な印象です。
また、フローラSを勝った母レッドアゲートも、これ以降に勝鞍はありませんでした。

セントライト記念組みに注目

過去10年、セントライト記念からは5頭しか馬券になっていませんが、今年は神戸新聞杯組みが手薄なため、十分にチャンスがあります。
クリンチャーのように9着から連対したこともあります。

サトノルークス

サトノルークス
ローズSを勝ち、エリザベス女王杯3着、京都記念2着のタッチングスピーチの全弟です。
姉と同様に、夏を越して本格化した印象で、京都では走りそうです。
ディープインパクト産駒も相性のよいレースで、有力視される1頭です。

ザダル

ザダル
底をみせていないのが魅力的です。
父トーセンラーは菊花賞3着、天皇賞(春)2着、マイルCS勝ちで、京都では抜群の相性です。
距離にも融通性があったので、人気になりそうです。

ニシノデイジー

ニシノデイジー
菊花賞を逃げてレコード勝ちしたセイウンスカイの血があります。
曾祖母がニシノフラワー、西山牧場ゆかりの馬でロマンがあります。
ダービーでサートゥルナーリアとアタマ差の5着ならチャンスはありそうです。

タガノディアマンテ
タガノディアマンテ
オルフェーヴル産駒で、クラシックで善戦してきたと言ってよい馬です。
もし、メジロマックイーンの血が強く出ているとすれば晩成型で、今まで燻っていたものが菊花賞で爆発すつかも知れません。
人気もまったくなさそうなので押さえたい1頭です。

メイショウテンゲンメイショウテンゲン
母メイショウベルーガは、京都外まわりの広々としたコースが得意で、日経新春杯、京都大賞典を制しました。
母と同じ芦毛で、弥生賞のように、時計がかかる馬場なら穴人気になりそうです。

ダービーからの直行は来ない

アドマイヤジャスタアドマイヤジャスタ
兄のアドマイヤラクティはダイヤモンドSを勝ち、長距離には強いがスピードが足りない印象でした。
父がハーツクライからジャスタウェイにかわって、スピードが補なわれたと言えます。
ただし、過去10年でダービーから直行して馬券になった馬は1頭もいません。
先週はオークスから秋華賞に直行したクロノジェネシスが勝ちましたが、さすがにないでしょう。

条件馬は前走2勝クラス勝ちが必要

条件馬は、馬券になった6頭すべてが、前走1000万(2勝クラス)を勝っています。
セントライト記念よりも馬券になっており注目です。

ヒシゲッコウヒシゲッコウ
ザダルと同様に、まだ底を見せいていないので、人気になりそうです。
ステルヴィオの半弟ですが、同じキンカメ系なので、血統的には半弟と全弟の中間くらいでしょうか。
その点では距離がもつのか、不安が残ります。

メイショウテンゲンカウディーリョ
先日の京都大賞典で穴をあけたドレッドノータスの弟です。
母ディアデラノビアも京都牝馬Sを勝っており、京都にとても強い血統で、中穴になりそうです。

ヴァンケドミンゴヴァンケドミンゴ
兄は皐月賞2着のサンリヴァルです。
条件馬の中では唯一3勝クラスに出走しており、少し格上と言えますが、過去10年、なぜか3勝クラスからは1頭も馬券になっていません。

ホウオウサーベルホウオウサーベル
時計の速いレースを経験していないので、GIの菊花賞では厳しそうです。
過去10年、ハーツクライ産駒が馬券になったのは、ウインバリアシオン1頭のみで、ダービー馬ワンアンドオンリーも惨敗しました。

菊花賞のまとめ

毎年、神戸新聞杯組みが強いですが、今年はヴェロックスだけなので、セントライト記念、条件馬にも目を向ける必要があります。
18年10番人気3着ユーキャンスマイルは、秋華賞2着ムードインディゴの仔、17年13番人気3着ポポカテペトルは、スプリングSを勝ったマウントロブソンの弟なので、穴を狙うなら血統の裏づけがある馬がよいです。
最近の菊花賞は時計が速く、スタミナも必要ですが、スピードがある馬を重視するのがよいでしょう。

編集者のお勧め競馬予想サイト

※コラム作成者と編集者は別の人物になります。

今回はコラムは来週に行われる菊花賞と注目馬についてでした。
今週も天気が崩れる為レースも番狂わせがあるかもしれません。通常で有れば好成績を残している馬が入賞しやすいですが天気によってもレース展開は大きく変わるので狙い目です。
編集者が今回お勧めする競馬サイトは「競馬学会」です。

競馬学会

競馬学会の魅力といえば提供しているサービスの豊富さと競馬を投資として見ることで勝率を高めるという考えにあります。
今でも「競馬はギャンブルだからやる価値は無い!」という方がいます。しかし、それは殆どの方が競馬をやった事も無ければ見た事が無い人だというのをご存じでしょうか。
競馬にも投資的な面がありどのように競馬を利用するのか、又は楽しむのかによっても競馬の印象が異なります。

投資的な競馬をする事で勝率を高くするこの競馬学会では今回のように大きなレースにはもってこいの競馬サイトだと思います。
レースを楽しむのも良いですが、せっかくですから勝ちたいですよね。そんな方にはこの競馬学会がおすすめです。
下のリンクから競馬学会の公式ページを見ることができ無料で登録できます。是非無料登録をして情報をチェックしてみてください。

「競馬学会」はこちらから

-競馬コラム
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 競馬予想サイトの口コミ評判レビュー | 競馬大国 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.